いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

2021年3月新月 富山湾ホタルイカ湧き履歴

3月12日(金)の晩酌です。

f:id:imoengineering:20210316213605j:plain

いつもの「豚肉と白ネギと豆腐と味噌 だけで作るヘッポコ鍋」にホタルイカを15匹入れて鍋を作ってみたんですけど、“凄まじく”っていうくらい美味しかったです。

ビールに泡が立ってないでしょ。昔から私はビールに泡を立てません、私にはそれが至高のビールなんです。

 

こちらは3月13日(土)の朝食、いや言い間違えた“昼飯”です(笑)。

f:id:imoengineering:20210316214034j:plain

鍋のレシピはほとんど同じなんだけど、前日ほどは美味くなかった。料理は胃で食うものだから、自身が飲み疲れしている状態だと、ホタルイカの肝の脂の旨味が“クドさ”や“重さ”に化けてしまうからかなあ~。

 

で、翌日の3月14日(日)は飲み過ぎを反省して、いつものように釣れる気のしない釣りに出掛けました。

途中のコンビニでこんなものを買いました。昭和臭プンプンのイラストに釣られたのですけど、最近は昭和懐古が流行っているのかな。

f:id:imoengineering:20210316214631j:plain

 

その昼飯をここで食べました。ちょっと前にサワラフィーバーで賑わったポイントです。

f:id:imoengineering:20210316214735j:plain

 

その直ぐ隣で、ちょっと記念撮影しました。

f:id:imoengineering:20210316214819j:plain

f:id:imoengineering:20210316214827j:plain

ここでホタルイカ掬いができれば、とっても素敵な穴場になると思うんですけど、どうかなあ~。

 

このまま、ドライブをメインコンセプトに、いつもの無料高速道路は使わずに灘浦海岸を北上しました。

 

そして、能登島を大まかに一周し・・・、

f:id:imoengineering:20210316215225j:plain

方々のポイントで「タケノコメバルの大物釣り」にチャレンジしましたが、魚の気配すら感じられず、やはりいつもの通りに“完膚なきまでのボウズ”のまま終了となりました。

今度の3月19日(金)と3月26日(金)は年度末の消化目的で有給休暇を取得する予定です。そのタイミングで何とかタケノコメバル釣りのリベンジを果たす積もりです(ホンマかいな?)。

 

 

さて、こちらは2021年3月15日(月)未明3時の伏木国分浜の様子です。

f:id:imoengineering:20210316215819j:plain

私は冷蔵庫にホタルイカがまだ80匹もあるので、“掬い”はやりようがなかったのですが、ホタルイカパターンっていう富山湾独特のルアー釣りの練習のつもりでチョイと出掛けてみたついでに撮影したんです。

「2~3匹くらいしか採れていない人がほとんど」「多い人は20匹くらい採れてる」といった感じでした。

 

今日3月16日(火)夜明けまでのホタルイカ掬いの成果の状況を、ホタルイカ掲示板ソースで大雑把にまとめてみると、以下の通りになります。

f:id:imoengineering:20210316220404j:plain

通常文字で示した地名は「その場所で“湧き”以上のレベルでホタルイカが採れたこと」を、

斜め文字で示した地名は「その場所で少しだけホタルイカが採れたこと」を表しています。

 

 ①②③は一部のポイントのみで“湧き”発生。

 ④⑤は複数のポイントで爆湧きレベルの“湧き”。

 土曜日、日曜日は天候が悪かったせいか、どこに行ってもほとんど採れず。

 ⑥はちょっとだけ採れた。

 ⑦は複数のポイントで今年一番の爆湧き。

といった状況かと思っています。

 

こういう風に整理しておくと、翌年に見た時に結構役に立つように思います、自分的には。