いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

糸魚川 ヒスイ探し

3年以上振りくらいになるのかな? 超久し振りに糸魚川にヒスイ探しに行ってきました。

到着は2021年8月21日(土)7時50分頃でした。

f:id:imoengineering:20210822194845j:plain

とりあえず、迷うことなくここにしてみました。左天険(西天険)の入り口なんです、ここって。

 

ここは結構知られた場所で、頻度は少ないとは思いますが定期的に人が入るので、草むらの中にかろうじて道らしきものがあります。その獣道の如き道を通って海岸に降り、東側に向かって歩きます。ポイントまでの距離は、なんと約1キロ。

 

到着直前です。自分の歩いて来た側(西)を向いての撮影です。

f:id:imoengineering:20210822195737j:plain

※ちなみにこのコンクリート通路にハシゴ伝いに上る時とその直後の“薮こき”はちょっと危険です。体力や走破力にあまり自信のない人は左天険はヤメておきましょう。

奥に見えている浜がゴール(ポイント)です。

f:id:imoengineering:20210822195819j:plain

 

到着しました。 

f:id:imoengineering:20210822195853j:plain

※ちなみに、この投稿と同じポイントです。

1月25日(日)のヒスイ採取の結果 - いも工房

 

ベタ凪ですけど「8月9~10日に台風で少しは海が荒れた筈ですから、その恩恵が残っていれば多少は期待値ありなのでは?」という風に思っての来訪でした。

 

で、開始後1分、波打ち際から50cmくらいの場所で、砂の中に埋まって半分顔を出している白い石を手に取って確認したら・・・、

これでした。上質ではないけれど、鑑定迷いなしの問答無用のヒスイ。

f:id:imoengineering:20210822200551j:plain

227gありました(比重測定結果は3.162でした)。

こんな目立つ場所でいきなりこれが出るって、もしかして台風の後誰も入っていなかったのかな?

 

一通り探石して、トータルのヒスイ収穫はこの4つでした。

f:id:imoengineering:20210822200844j:plain

f:id:imoengineering:20210822201934j:plain

※丸いヤツは参考採取でヒスイなのかどうか分かりません。怪しいです。

 

で、今回は実はさらにやってみたいことがあったんです。

それが、これです。“潜り”とまではいかないけれど、ウェットスーツを着ての“泳ぎ探石”。

f:id:imoengineering:20210822201014j:plain

ベタ凪ぎで快適でメッチャ楽しく“泳ぎ探石”できました。でも約1時間半の“泳ぎ探石”の結果は“完膚なきまでのボウズ”でした。

張り切って泳ぎをやってみたところで、意外と「歩きに勝るような恩恵は別になんら得られない」ってことが多いんですよね~。

 

10時半頃にこのポイントでの探石は終了にしました。

で、車に戻る訳ですけど、ハシゴを降りる前の薮でアブにたかられて5箇所も刺されてしまいました。首に4箇所、腕に1箇所。行きはたかられませんでしたから、朝のうちはまだあんまり活動的じゃなかったってことですかね?

 

これで帰ってもよかったんですが、スパーマーケットのイチコに寄ろうと思って足を伸ばし、ついついここにも寄ってしまいました。

f:id:imoengineering:20210822202429j:plain

 

でも、こんな状態です。夏休みだからね~。

f:id:imoengineering:20210822202552j:plain

 

まあでも、折角だからほんのちょっとだけ探石しましょうか? ある訳ないと思いますけどね。

f:id:imoengineering:20210822202712j:plain

浜に降りてすぐのところに観光客が一杯居たんですが、波打ち際の探石は別にしていませんでしたので、その前を通過して行きました。で、赤矢印のあたりで思いっきり白くキラめいている白い貝殻が見えましたので、手にとって貝殻であることを確認しました。

 

って、これ、モロにヒスイだよ。

f:id:imoengineering:20210822203141j:plain

ヒスイ探しの経験ゼロの観光客ばっかりだから、やっぱり緑色の石だけを見て探していたのかな?

 

1.58gしかないミニチュアヒスイではありますけど、こんなんですよ。

f:id:imoengineering:20210822203329j:plain

f:id:imoengineering:20210822203347j:plain

f:id:imoengineering:20210822203355j:plain

磨き上がり具合がカンペキで、このままで十分装飾アクセサリーとして使えます。透過もちょっとあるから、ポワンって光っているように見えます。

ちっちゃいけどメッチャ素敵な石です。こんないいものそうそう拾える筈ないんだけど、なんなの?

もしかして「行政が“撒いた”」とか。う~ん、あり得ない話でもないですよね。

 

ほどなくして、もう1個見つけました。

f:id:imoengineering:20210822203845j:plain

 

帰宅直前に記念撮影です。

f:id:imoengineering:20210822203945j:plain

1.58gの小ヒスイが結構いい石だってことが、この絵だけでもなんとなく伝わってくるような気がします。

 

この日のトータルの収穫です。※前述の通り、左上の丸いヤツはヒスイじゃない可能性大です。

f:id:imoengineering:20210822204357j:plain

※丸いヤツの比重測定結果は重量58.02g、体積18.03mlで、比重3.218でした。結晶が粗すぎるタイプのヒスイってことでしょうか。

 

3年以上振りのヒスイ探しでしたが、ちゃんと成果があり、なんだか逆に意外な気がしました。

 

来週も“泳ぎ探石”をやってみたいですね。