いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

2024年5月19日(日) 釣行記

5月19日(日)の釣行記です。

 

まずはここ。5月2日に1.2kgのヒラメを釣ったポイントです。到着は4時44分でした。

2匹目のドジョウ(ヒラメ)が居る筈もなく、当然の如くアタリなし。

次は↓ここです。

ここの左の方は元旦の地震で今は↓こうなっているんです。

元々ヒビだらけの岩盤で、ヒビの通りにバラバラになって崩れてきています。なんだかお見事ですよね、見ごたえありますよ。

ここをさらに超えていくと・・・、

こんな感じになっていました。

ここで6時14分、ソゲんちょです。

庭のイシガメ達のオヤツとして持って帰るのもアリなんですがリリースしました。

次はここ↓、鹿磯の岩場です。

↑ここも元旦の地震で新たに形成された好釣場と言えますが、やはりアタリなし。

この後歩いてそのまま八ケ川サーフに移動してランガンしていたら、周囲より少し深くなっているサーフ地形のヘソ部分で何かがヒットしました。でも最終的にはフックアウト。本当に魚のヒットだったのかどうかも不明です。

 

そして、赤神の辺りで車を停め、千代の鳴き砂浜の向こう側まで一往復ランガンしましたがまったくのアタリなしでした。その一往復で約6kmくらい歩いたと思います。そこで一旦終了とし、その時点で時間は11時でした。

 

最後は前日にエソが釣れた灘浦のウェーディングポイントに寄ってみましたけど、前日と違ってカタクチイワシの群れはまったくおらず、エソもマゴチもまったく喰って来ず、13時30分くらいでこの日の釣りを完全に終了にしました。※ちなみにこの日の灘浦は超ベタ凪ぎでした。

 

という訳で、この土日の釣行は完膚なきまでのボウズでもないものの、成果無しのまま終えることとなりました。

次の土日は青物狙いに戻そうかなあ。