いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

ヒスイ海岸 釣行記

2024年6月2日(日)の釣行記です。

↓このユーチューブ動画に触発されて・・・、

www.youtube.com

www.youtube.com

↓モロ同じ座標であるここへ。ルアーを投げ始めたのは4時15分頃からだったと思います。

しばらくアタリはなかったのですが 5時40分頃やっと1匹目の魚がヒットしました、でも10秒くらいでフックアウト。

続いて5時45分、今度はちゃんと取り込めました。キジハタです。

ちなみにルアーのヘッドはダイソーVJ28gで色はマニキュアチューンです。

次は6時10分、変なマゴチ、いや変なコチ↓。イネゴチですね。

7時7分、今度はマゴチ↓ですね。

7時43分、またもマゴチ↓です。

全長50cmくらいある大きな個体なんですが、見るからに痩せていますのでリリースしました。

次のキャストでまたマゴチが釣れて、この日のトータルの釣果はこの4匹となりました。

8時30分頃にこの日の釣りを終了しました。

リリースの1匹を含めて釣果は5匹。「ヒット→バラし」が2回で「アタリのような謎の反応」が2回ありました。良いペースでアタリが続いて、とっても楽しめたと思っています。開始から1時間以上まったくアタリがなく、5時30分を過ぎてからアタリが来始めましたから、「暗いうちは駄目、ちゃんと明るくなってからやっと魚の活性が上がって朝マズメが始まる」っていうパターンの典型だと思います。フラットフィッシュやキジハタはこういうパターンが多いですね。逆に青物は暗いうちの方がいいんですけどね。

 

そして帰宅しようと駐車スペースに戻ると、どういう訳が車がギッシリ。「ん?ん?ん?なんだこりゃ?」「日曜日のヒスイ海岸ってこういう風だったっけ?」

答はこれ↓。マラソン系のイベントですな。レーススタートは9:30だったようです。

asahi-trail.com

私がストリンガーに大きな魚を4匹もぶら下げて駐車場に入ってきたので、「うわ~、凄え。」「ここってこんなに魚釣れるんですか?」なんて言って珍しそうに寄って来て色々質問してきてくれた方が2組いらっしゃいました。

ヒスイ探しにも釣りにも縁のない方々なので、店で売っているような大きい魚を個人でポンポンと収穫できるなんて物珍しく映ったのかもしれません。私は普段誰も居ない極めて閑古鳥なエリアを選んで釣りをするので、大きい魚が釣れてもそれを誰かに見せびらかすことができず、その点はいつも残念に思うのですが、この日はその視点ではとっても光栄な思いを味わえました(笑)。

だけど、実は釣果4匹中の3匹は「肥満度がよろしくない比較的痩せた魚」なんですよね~。リリースした約50cmのマゴチもモロに痩せていましたし、こんな風に痩せた魚ばっかりだと、今後もこのポイントに再訪するか否かについては、ちょっと怪しいかもしれません。もう“初夏”みたいなものだから、マゴチは肥えていても良さそうな気がするんですけどね。

 

自宅に帰着したら10時30分頃でした。前日の珠洲での釣果のカサゴ2匹を刺身にしました。

久々のカサゴの刺身です。カサゴは刺身が抜群に旨くて、私の中の評価ではキジハタの刺身よりも上です。その認識通り抜群に美味しい刺身でした。

ちなみに、この日午前10時30分頃に帰宅して、4匹の釣果はストリンガーに繋げたまま水汲み用のバケツに入れただけの状態で、こんな風に魚熟成用冷蔵庫に仮で叩き込みました。

捌いたのは翌日6月3日(月)の早朝だったのですけど、全然傷んでなかったです(4匹とも胃袋の中は空で腸内の糞もありませんでしたから、そのせいで傷まなかっただけかもしれませんけどね)。

釣りからの帰着直後の魚捌きをサボれると、とっても好都合ですね。