いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

奥能登のヌカカ

2024年6月8日(土)の釣行記です。

キャスティング開始は4時25分頃でした。

青物用のトップウォーターには何も反応がなかったので、直ぐに底物狙いに切り替えました。

で、5時10分カサゴ↓です。小さめですけどキープしました。

5時20分ソゲんちょ↓です。これもキープしました。

ソゲんちょの刺身って上手く造るとメチャメチャ美味しいものなんですよね~。なので敢えてキープしました。

これは先週の6月1日(土)にこのポイントで釣って6月5日(水)の夕方に食べたソゲんちょの刺身ですが、もうメチャメチャ美味しかったんですよ。なのでこの日の釣行でもキープにしたんです。

 

釣れた2匹を絞めて血抜きして神経棒を通す作業をしていたら、その作業中は私の腕の位置がほぼ固定になるので、ヌカカの猛攻が凄かったです。「腕の動きを止めるとこんなに大量に集ってくるんだ」と分かって、ちょっとびっくりしました。ソゲんちょに上手く神経棒を通すのってかなり難しくて苦労して結構時間が掛かってしまったりしますから、そのせいもあったと思いますけどね。

なんにしても耐え難くてその時点で車に戻ることに決めました。6時頃だったかな~と思います。

 

で近隣のポイントにハシゴしようと思ったんですが、体調的な事情により叶わず、一目散にここ↓に向かいました。

向かったのはここ、宇出津のトイレです。到着時刻7時12分でした。50kmくらいありましたので、他にも都合の良いトイレを見つけ出しておかなければならないですね。

 

8時22分、鵜川のちょっと奥のテトラにて。これはマアマアかな、迷わずキープです。

8時31分、カサゴ↓です。こいつは小さいです、リリースしました。

 

11時17分、鹿波湾にて。リリースです。

11時23分、↓これもリリースしました。

 

帰宅して、ソゲんちょを当日刺身にしてみました。

「あれっ、苦みがある!」

ヒラメの刺身ってたまに苦いヤツを引いてしまうことがあります。個体差なのか捌きや仕立ての出来の問題なのか分かりませんが、あるんですよね~“なぜか苦みを感じるヒラメの刺身”って。

なんでかな、当日刺身だとなりやすいのかな。

 

これは6月2日(日)に越中ヒスイ海岸で釣ったイネゴチの刺身です。6月7日(金)の夕食でいただきました。

まあ、大まかにはマゴチと同じ味の感じでしたが、ちょっと違うかな。でも十分バッチリ美味しかったですよ。

ちなみにヌカカに刺された箇所の個数は約20箇所でした。カサゴとヒラメを処理している刹那だけで20箇所ですか、もはや地獄モードです。

今後しばらくあのポイントに通おうと考えていましたが、ヌカカの季節が終わるまではヤメておこうかな~、と思い始めています。ヌカカの痒みは約1週間続きますからね、そうそうバカにできないレベルの苦痛なんですよね~。

まあどこに行ってもヌカカは居るものではありますが、能登半島では外浦側と能登島の北東側辺りが多いかな。灘浦の先っぽにもちょっと居ましたね、確か。