いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

2021年10月24日(日) 七尾北湾釣行記 スズキ、ヒラメ、エソ

10月16日(土)に大川浜で釣ったヒラメです。

伝説のヒラメポイント ヒラメ釣り - いも工房

10月20日(水)の夕方に絞めて捌いて、2日寝かせで10月22日(金)の夜に食べました。

f:id:imoengineering:20211026190844j:plain

f:id:imoengineering:20211026190852j:plain

f:id:imoengineering:20211026190900j:plain

f:id:imoengineering:20211026190908j:plain

やっぱりヒラメは美味しいですね。

 

 

さて、2021年10月24日(日)の釣行記です。

七尾北湾のある箇所に到着してルアーキャスティングを開始して、その後徐々に南下し、あるポイントで7時55分くらいにズドンとアタリがありました。でもバイトの時点でハネてしまってフックに乗りませんでした。

「フッキングしてへんから多分もう1回喰うよな」そう思って同じ場所に投げると、問答無用の迷いなし的な力強いアタリがきました。上がってきたのはコイツ(スズキ)でした。

f:id:imoengineering:20211026191632j:plain

降りていって記念撮影のやり直しです。

f:id:imoengineering:20211026191658j:plain

前日の釣果があるので食べ切れる気がしませんでしたから、即リリースして体長測定はしていませんが、60cmチョイくらいかな~と思います。

場所はこんな所です。

f:id:imoengineering:20211026192824j:plain

ちなみにこの日に使用したルアーは夕方まで終始こいつだけでした。

f:id:imoengineering:20211026195531j:plain

f:id:imoengineering:20211026195730j:plain

 

 

 

その後も点々とポイントを移動し、この場所で9時40分に・・・、

f:id:imoengineering:20211026191952j:plain

ルアーが手前の海草群にかかる直前で食ってきました。

f:id:imoengineering:20211026192044j:plain

測っていませんが全長37~38cmくらいかな、ヒラメです。なんですけど、明らかに痩せている個体でしたのでリリースしました。

穴水の内湾の浅いところでもちゃんとヒラメが釣れるんですね。

 

続いては12時10分、もう既に七尾市に入っていますが、フォール中にコイツが喰ってきました。※ルアーの着底までに12~13秒とか掛かる結構深い場所です。

f:id:imoengineering:20211026192412j:plain

エソです。リリースしました。

 

続いてのポイントでは、80cmくらいのスズキがサーフの岸から20mくらいの所を悠然と泳いでいるのを見かけました。が残念ながら、私の姿に気付いていたせいかルアーには反応してくれませんでした。

 

さらに続いては、七尾北湾の最南端に相当する場所で、昼飯を食べながら青イソメで餌釣りなんぞをしてみました。

f:id:imoengineering:20211026193017j:plain

 

餌釣りの竿を置きっぱなしにして、ルアーも投げていると、コイツが釣れました。

f:id:imoengineering:20211026193126j:plain

全長45cmくらいでしょうか。エソです。

エソって実質的には「マゴチ、ヒラメと同類のフラットフィッシュのお仲間」のようなものですから、マゴチヒラメ狙いの釣りとしてやっていることの方向性は決して間違っていないっていうことになるのだと思います。

これも迷わずリリースしちゃいましたけど、次回エソが釣れたら刺身作りにチャレンジしようかなと思っています。小骨が多くて調理が大変らしいのですけど、かなり美味しい魚らしいんです、エソって。見ようによっては“可愛い”とも言うのだと思いますが、見映えのメチャメチャ悪い魚です。見映えの悪い魚は食べたらメッチャ美味しいって、極めてありがちなことですからね~。

 

この後、七尾西湾に入ってからもルアー釣りを継続したのですが、暗くなるまで各ポイントを点々として、魚の反応やアタリはまったくの皆無でした。

 

「秋になると深場から浅瀬に大きい魚が移動してくる」と言いますけど、ご覧の通りで西湾には深い場所がありませんから、そもそも深場から移動してくる魚とやらが元からほとんど居やしないっていうことなのかなあ~。

f:id:imoengineering:20211026194057j:plain

 

餌釣りで釣れたベラとチャリコ(真鯛の仔)です。

f:id:imoengineering:20211026194657j:plain

久し振りに餌釣りなんぞをやってみたのは泳がせ釣りに使う小魚を手に入れる目的だったのですが、結局は使うことなく18時過ぎに通り掛かった灘浦の庵新港でリリースしました。

青イソメを10月21日(木)の時点で準備していたので、捨てるわけにもいかず義務感にさいなまれるような気持ちで餌釣りを実施したものの、泳がせ釣りをやる気にならなかったので最終的にこうなってしまったっていうことなんです。

つまり、ルアー釣りの期待値の方がよっぽど高いように思えてしまって結局は泳がせ釣りは実施しなかったんですね。でもまあ、青イソメで小魚を釣ること自体は面白かったですから、ヨシとしましょう。

七尾北湾 穴水町 スズキ爆釣

2021年10月23日(土)朝5時15分。前投稿で「このポイントってね、場所は教えられませんけど、妙に大物がよく釣れる場所なんです」と紹介したポイントの駐車場にて撮影しました。完全満月でもないけど秋の名月です。

f:id:imoengineering:20211024233021j:plain

そろそろここのポイントにも命名をしましょう。名付けて“神社湾”。湾部分の周辺一帯を含めて1つのポイントと扱うことにします。

 

とりあえず6時5分、コイツが釣れました。エソ、測っていないですけど45cmくらいですかね。リリースしました。

f:id:imoengineering:20211024225437j:plain

 

この後ワーム部分をロストしてしまったので、コイツに付け替えました。

f:id:imoengineering:20211024225609j:plain

 

で7時くらいでしょうか。ここでズドンとヒットしました。

f:id:imoengineering:20211024225637j:plain

モロに浅い場所なので、マゴチかヒラメ確定と思いましたが、しばらくして見えてきた魚はスズキでした。60cmチョイくらいかな。

ヒット後魚は左の方にずうっと泳いで行きましたので「そろそろ寄せなきゃ」とロッドに少し力を加えると・・・、

なんとドラグが出る前にあっさりバツンとリーダーの結び目でラインブレイクしちゃいました。リーダーは銀鱗8号で結び方は単なるユニノットです。それでも強度的には十分の筈なんですけど、結び目がかなり痛んでいる状態だったんでしょうね。

魚があっさりルアーを吐き出してくれているように祈ります。

 

7時20分、上の画像のさらに右の方に相当する位置の道路上からルアーを投げて、コイツが釣れました。マゴチ全長約44cmです。ルアーは同じものに付け替えていました。

f:id:imoengineering:20211024230501j:plain

 

この後アタリは止まり、車に乗ってちょっとだけ北上して移動しました。その場所で適当にやっていると、8時20分頃ですかね、またもズドンとスズキのアタリ。「ほとんど寄ってこんぞ! これもしかしてかなりデカいんちゃう?」

慎重にやりましたので、結構時間が掛かりましたが、何とか無事に砂の上に上げることができました。

f:id:imoengineering:20211024230847j:plain

f:id:imoengineering:20211024230856j:plain

爆裂スズキ、メッチャデカいです。

フックはダイソーのトレブルの8番に付け替えていましたが、やっぱりこのレベルの魚だと強度不足ですね。伸びてました。

f:id:imoengineering:20211024231111j:plain

 

色々とよく考えて、このスズキは頑張って食べることとしました。

なので、前のポイントで釣ったマゴチはここでリリースしました。

f:id:imoengineering:20211024231246j:plain

 

スズキの体長測定結果は79.0cmです。口開き、尾びれ閉じなら80cmは超えますが、まあいいです79cmで。魚の体長の記録にはあまりこだわらないのでインチキしません。ていうか全長より重量の方が大きさの記録の本質ですよね。

f:id:imoengineering:20211024231313j:plain

※ちなみにこのスズキの重量は、血抜き後で3.76kgでした。

f:id:imoengineering:20211024231703j:plain

 

場所を教えちゃいましょうか。

f:id:imoengineering:20211024231723j:plain

国道沿いのこの岩の上から投げて、

f:id:imoengineering:20211024231758j:plain

この座標でヒットしました。

この後ヒット座標右の石堤に歩いて行って石堤の先から前方にまっすぐルアーを投げたら、またヒットしましたよ、デッカいスズキが。

でも石堤まであと1mくらいのところで、絵に描いたような典型的ジャンピングエラ洗いを披露してくれて、それでお見事にルアーを吐き出されてしまいました。全長は60cmくらいだったかな~と思います。

 

この後、前投稿の「クロダイを釣ったポイント」でも、またスズキっぽい魚がヒットしました。でもヒット後5~10秒くらいでフックアウトしちゃいました。帰ってきたルアーのフックの先には1cmくらいの透明なウロコが1枚刺さっていました。スズキかクロダイか?どっちだろう?

そのままキャスティングを続けていると、国道を通りかかった車が停車して、助手席から声が掛かりました「いもさんですか?」って。お声掛けいただきありがとうございます。

「なんで分かったんだろう?」と一瞬不思議に思いましたけど、私の車ですね。あんな車で釣りするヤツ、他にそうそう居るわけなさそうですし、つーかメッチャ分かりやすい車ですもんね(笑)。

 

12時38分、帰宅した時点での撮影です。 ※今頑張って食べています。

f:id:imoengineering:20211024233737j:plain

 

また、後日投稿しますが、翌日の日曜日も同じ地域で60cm強くらいのスズキが釣れ、その他に80cmくらいのスズキがサーフの岸から20mくらいの所を悠然と泳いでいるのを見かけました(私の姿に気付いていたせいか、ルアーには反応しませんでしたけど)。

 

「七尾北湾の穴水地域で大きいスズキが浅瀬に近寄っている」っていう状態なのかも知れませんね。

2021年10月17日(日) 奥能登内浦 釣行記

2021年10月17日(日)昼頃 奥能登内浦某所にて。

f:id:imoengineering:20211018200604j:plain

この画像の中の一角で、45cmオーバーくらいのマゴチを久々使用のリズムカーリー5インチ ブルーギルパールホワイトでヒットさせました。

でも、波打際から1mくらいのところまで来た時点での魚の一暴れでフックアウトしちゃいました。リズムカーリー5インチでもマゴチは普通に釣れるんですが、やっぱりルアーとフックが大きすぎて掛かりが甘くて最終的にフックアウトしちゃうことが多くなるんですよね。ルアーの欠点のせいだから如何にも勿体無いです。でも、リズムカーリー5インチには“ウィードレス性能”と“底擦り完全OK”という絶大なメリットがありますから、痛し痒しですね。

 

ルアーを変えて投げ続けていると、12時25分コイツが来ました。

f:id:imoengineering:20211018201335j:plain

クロダイ、全長34.5cm、重量585gです。すっごいイイ引きで驚いちゃいました。やっぱりマゴチやヒラメ等のフラットフィッシュと比べると、こういう“普通の魚”って引きがかなり強いんですね。

いつものようにタライの中で生かして持って帰ろうと思いましたが、あまりにも元気に暴れ回るので、車のトランクの中をビシャビシャにされてしまうかな、と思って“現地で即絞め”に変更しました。

こうしてみると、いつもタライで生かして持ち帰っているフラットフィッシュやハタ類等の底物って、タライの中でおとなしくして暴れないでいてくれるので“とってもお利口さんなんだなあ~”ということに気付かされます。

f:id:imoengineering:20211018201623j:plain

 

続いてのポイントに移動すると、またマゴチが釣れて一旦テトラの上に乗せるところまでいったんですが、その時点でフックアウトして海中に帰っていってしまいました。まあいいです、全長35cmくらいの小さいヤツでしたから。

 

その後の13時29分、こんなモノが釣れました。

f:id:imoengineering:20211018202142j:plain

私にとって初めての魚種“アオハタ”です。全長23.5cm、重量220gと小さいですが、初めての魚種なのでキープしました。※車に戻るのが面倒なので、このタモ網を海中に半分つけて生かしておきました。

 

その15分後くらいかな? 来ましたよ、でっかいマゴチが。

f:id:imoengineering:20211018202441j:plain

全長50.2cmの重量780gでした。※ちなみにルアーは「ダイソーVJ22+フラッグシャッド4インチ フラッシュグロー」です。アオハタも。

 

このポイントってね、場所は教えられませんけど、妙に大物がよく釣れる場所なんです。

化けノコメバル(タケノコメバル) と 座布団ヒラメ? - いも工房

スズキの料理いろいろ - いも工房

↑このリンクの“化けノコメバル39.5cm”も“爆裂スズキ71.0cm”もこのポイントの一角で釣れたんですよ。

「ここに通っていればそのうちにでっかいヒラメが釣れてくれるのかもしれないな~」とかなり真剣に考え始めています。

来週の土日はこの場所で、サブの竿で泳がせ釣りもやってみようかな~。

 

アオハタとマゴチはタライの中でエアレーションで生かして家に向かったんですが、帰路の車内で色々と思案を巡らし、最終結論としては宇波漁港に寄って絞めて血抜きすることとしました。

f:id:imoengineering:20211018203732j:plain

 

自宅の台所にて撮影です。釣った当日中に捌きを終えました。

f:id:imoengineering:20211018203748j:plain

 

 

とりあえずアオハタだけ先ほど食べました(1日寝かせということになります)。

f:id:imoengineering:20211018203943j:plain

f:id:imoengineering:20211018203951j:plain

予想通りメッチャ美味しかったです。キジハタより身が柔らかくて、薄切りにする必要がない感じでした。

個人的にはキジハタより味は上じゃないかと思えましたけど、この辺は好みの問題もありますし、そもそも食べる本人の気分次第ってこともありそうですから、最終結論としては「キジハタやカサゴと同等の美味しさ」っていうことにしておきましょう。

 

明日はクロダイです。外しそうでちょっと怖いなあ~(笑)。

伝説のヒラメポイント ヒラメ釣り

2021年10月16日(土)朝6時ちょうど、伝説のヒラメポイントにて。

f:id:imoengineering:20211017191045j:plain

誰も居ません。天候もナイスコンディションの部類だと思うんですけどね。

f:id:imoengineering:20211017191148j:plain

 

6時15分、コイツが釣れました。※写真は帰宅時に名舟で水換えした時の撮影です。

f:id:imoengineering:20211017191254j:plain

f:id:imoengineering:20211017191302j:plain

ヒラメ、全長は37cmくらいと思います。ルアーは「ダイソーVJ22+フラッグシャッド4インチ フラッシュグロー」です。

 

同じルアーで7時にはコイツ。

f:id:imoengineering:20211017191506j:plain

f:id:imoengineering:20211017191515j:plain

サゴシ、40cmくらいですかね。リリースしました。

 

他には20cm程度のチビンチョヒラメ2匹がヒットしましたが、ともに波打際まで1mくらいの位置でフックアウトしてしまいました。

さらにサゴシらしきヒットが1回ありましたが、即バラしでした。

で、11時で投了しました。

 

アタリが止まってから2人ほど他のアングラーが来ましたけど、基本的には浜すべて貸切り状態でした。

浜すべて貸切りで、マトモなヒラメは1匹だけというのは、浜の状態としてはショボいですよね。もしかして私が朝6時に到着するよりも前に、誰かが一通りルアー通して即トンズラした後に私が入ったってことなのかなあ~。

 

 

帰路でいつものスーパーストアに寄りました。

f:id:imoengineering:20211017192440j:plain

この大きさの朝採れのシイラ2匹で400円って、凄いですね。

f:id:imoengineering:20211017192544j:plain

f:id:imoengineering:20211017192552j:plain

f:id:imoengineering:20211017192655j:plain



自宅に到着したのは13時30分頃でした。ヒラメは元気です。

f:id:imoengineering:20211017192734j:plain

この投稿の原稿を書いている日曜日の夕方の時点でも、ヒラメは庭で依然元気にしています。

いつ料理しましょうか。

 

実は今日(10月17日(日))の釣りで、以下の釣果があり全部持ち帰って、今捌きを終えたばかりなんです。すなわち、ヒラメだけ自宅水族館で温存中って状態です。

・アオハタ 23.5cm 220g

クロダイ 34.5cm 585g

・マゴチ  50.2cm 780g

 

鼻血ブーな気もしますけど、全部違う魚だから、楽しく食べ比べできそうです。

すり身揚げ

2021年10月10日(日)某所にて撮影。

f:id:imoengineering:20211013062404j:plain

イシガメの放流です。

f:id:imoengineering:20211013062545j:plain

 

放流前にちょっとした記念撮影です。※ウチの庭で産まれたイシガメです。

f:id:imoengineering:20211013062614j:plain

f:id:imoengineering:20211013062623j:plain

多くは敢えて語りませんが、甲羅後端のギザギザ度が左の個体は“顕著”で右の個体は“甘い”です。※ちなみに別個の産卵クラッチで別個の親ガメの仔です。

 

別の産地です。ここでも仔ガメ4匹を放流しました。

f:id:imoengineering:20211013064658j:plain

 

 

帰路で富山県に入り、初回訪問のスーパーストアで買い物をしました。

f:id:imoengineering:20211013063113j:plain

メチャメチャ美味しかったんですよ、このすり身揚げ。車の中で食べたんですけど、「うわ、すげえこれ!メッチャ美味い。」って発声しちゃいましたから。※2つ買ったので、残りの1つを自宅で撮影しました。

美味しさの裏付けとなる理論は、以下のような感じと思えました。

・甘い系

・辛くない

・柔らかい

・ちゃんとした新鮮な野菜を数種類、細かくしないままで使っている

 

ついでに言うとメッチャ安いんですけど、その点については“この日の特売品だったから”ということなのかもしれません。

 

すり身揚げって、石川県や富山県の特産品ですが、ハッキリ言って“別に美味くもなんともない”と感じてしまうような味のものも多いです(というか大概そうのような気が?)。

たまにこういう「とっても美味しいすりみ揚げ」に出会いますね。前投稿の田鶴浜のお気に入りスーパーでも同じような美味しいすり身揚げに出会いました。

次はどこのスーパーで“美味しいすり身揚げ”に出会うことになるかなあ~。

2021年10月9日(土) 伝マゴ地方 釣行記

土曜日に伝説のマゴチポイント地方(略して“伝マゴ地方”と呼ぶことにします)に釣りに行ってきました。

 

途中の中居湾でトイレ休憩。朝6時21分です。

f:id:imoengineering:20211010204617j:plain

f:id:imoengineering:20211010204708j:plain

 

で、伝説のマゴチポイントに到着しルアーを投げ始めましたが、魚のアタリは「フグアタックによるワームの尾っぽ喰い逃げ」が1回だけでした。

そして、ニ梯子浜に移動しますがここでもアタリなし。

次は虎猫サーフに移動しました。

↓虎猫サーフ釣行記

能登半島内浦 2020年11月21日(土) ヒラメ釣り、マゴチ釣り - いも工房

 

で、なんとかこの釣果。完膚なきまでのボウズは回避できました。※リリースしました。

f:id:imoengineering:20211010205221j:plain

 

ちなみに、使用したワーム部分はコイツです。

f:id:imoengineering:20211010205309j:plain

f:id:imoengineering:20211010205316j:plain

 

その後は穴水市街を七尾市側へ超えてからのポイントで何箇所かルアーを投げましたが、なんらアタリなしでした。結果論になっちゃいますけど、この日は伝説のヒラメポイント大川浜に行った方が良かったのかもしれません。

 

まあいいです。持ち帰る釣果のない日は、お気に入りのスーパーストアで独り宴会用のご馳走類を買って帰りましょう。

 

“お気に入りのスーパーストア”です。

f:id:imoengineering:20211010205811j:plain

場所はここ↓ですよ。読めますかね。

f:id:imoengineering:20211010205841j:plain

田舎のちっちゃい店なんですけど、個人的にはメッチャ素敵なスーパーストアだと思っています。

f:id:imoengineering:20211010205907j:plain

f:id:imoengineering:20211010205915j:plain

f:id:imoengineering:20211010205923j:plain

惣菜は美味しいし、刺身とかの魚介類がやたらと安く売ってたりするんですよ、この店って。

“むらさきがに”って書いてありますけどタイワンガザミだよね。100g98円は安いと思います。

 

f:id:imoengineering:20211010210250j:plain

写っていませんけど、刺身は他に “ちかい鯛280円” を買いました。グレのことです。富山県では“つかい鯛”っていうんですよ。基本的に同じ単語なのに微妙にほんのちょっとだけ発音が違うって、なんだか興味深いことです。

こういった、海産品の名称の違いを見て楽しんだりするのも、よその県での買い物の醍醐味だったりしますよね。

2021年10月2日(土) 伝説のヒラメポイント(大川浜) ヒラメ爆釣(?)

2021年10月2日(土)朝7時前です。

f:id:imoengineering:20211004190805j:plain

f:id:imoengineering:20211004190816j:plain

f:id:imoengineering:20211004190823j:plain

ナイスコンディションな部類の天気だと思うのですが、意外にも先客は誰も居ませんでした。※正確にはサーファーの人が1人だけ居ました。

 

7時ちょうど、20cmくらいのフグが釣れました。ルアーはダイソーVJ22+遠州UVシラスです。

f:id:imoengineering:20211004191022j:plain

てかこれ、トラフグなんですよ。大川浜ではトラフグがルアーに食ってくることがあるって、そういう情報が確かにあるんですよね。噂は本当でした。

内臓も頭も皮も外して肉だけ取ればそれで別になんの問題もなく食べられるのでしょうけど、ヤメておきます。リリースです。

 

7時36分、今度はスズキです。全長44.5cm。

f:id:imoengineering:20211004191355j:plain

 

ルアーを本家VJ22+シャローイワシに付け替えてしばらくやっていると来ました。

f:id:imoengineering:20211004191442j:plain

8時26分、ヒラメ、全長27.8cmです。小さいけどキープ。

 

8時31分、またもやヒラメ。リリースしました。

f:id:imoengineering:20211004191554j:plain

 

8時48分、またヒラメ。リリースです。※ワームはダイソーの奴です。

f:id:imoengineering:20211004191623j:plain

 

8時57分、またヒラメ。リリース。

f:id:imoengineering:20211004191714j:plain

 

その数分後に同じくらいの小さいヒラメがまた釣れましたが、波打ち際でフックアウトして砂の上に落ち、直後に来た波に乗って海に帰って行きました。

なので、一応はヒラメ釣果5匹です。他にヒラメらしきアタリが3回ほどありました(釣れたのと同じような小さい個体ばかりだと思いますが)。

 

小さい個体ばかりではありますけどこれだけ反応があれば、大川浜2021年秋ヒラメモードONと考えて良さそうです。

 

私は10時過ぎに大川浜を後にしましたが、この日に私以外に浜に来た釣り人は地元のオジさん1人だけでした。

10月の間は意外と人が来ないんですよね、ここって。スズキの接岸とともに人が増えます。ヒラメは意外とマークされていないみたいなんです。

 

27.8cmのヒラメの刺身です。

f:id:imoengineering:20211004192558j:plain

釣った後の扱いが悪く、調理失敗となってしまい、味はイマイチでした。

 

44.5cmのスズキの刺身です。

f:id:imoengineering:20211004192714j:plain

小さいけどメスでした。内臓脂肪が全然入っていなくて「あれ~、変だなあ~」なんて思ったんですけど、味はハンパじゃないっていうくらい美味しかったです。妙な臭いもまったくないし、やっぱりいいですねサーフの個体は。