いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

2024年4月14日(日) 能登島での釣りとイシガメ探し

2024年4月14日(日)朝6時40分頃でしたでしょうか、能登島北側のここに到着しました。

おっ、ベイトが居ますね。

でも魚のアタリは無し。

7時30分頃にはここに移動しました。

ここには全長8~9cmくらいのナイスサイズのカタクチイワシが結構多数着いていて、期待感が高まりました。しばらくやっていると何か大きいモノが掛かったのですが、5秒くらいでフックアウトしちゃいました。正直言って魚だったのか単なるゴミだったのか微妙な感じで、なんとも言い切れないです。

その後のアタリはなく8時20分で終了にしました。ナイスサイズのカタクチイワシが結構な数居るのでそのまま粘りたかったんですけど、この日はイシガメ探索に行く予定にしていましたので、後ろ髪を引かれつつも敢えて8時20分で終了です。

 

9時5分、能越自動車道のパーキングでトイレ休憩です。奥能登でも使用可能な公衆トイレは地域によっては何箇所もあるのですが、能登島を含む七尾市では全滅に近い状態みたいなんですよね~。まあここも七尾市ではありますけど、ここは正しくは七尾っていうよりは灘浦地域ですね。つうか“県境”ですか。

 

そして○○県内某河川に到着しイシガメ探索開始です。

トータルで12~13匹のイシガメに出逢えましたが、スカウトしたいと思える個体に出逢うことはありませんでした。

代わりにというと変ですが、こんな風に天然ワサビにはあるとあらゆる場所で出逢いました。

↑コイツがこの日一番そそったワサビ個体ですが、水深が深くて危険っぽくてアクセスできず残念ながら採ることはできませんでした。

ワサビを採りたいっていう考えはまったく無くてのイシガメ探しだったのですけど、川の両脇のそこたら中に生えていましたので、大きい根茎が付いていそうな個体を見つける度についつい獲り足していたら、イシガメを探しての川歩き約3時間で最終的にはこう↓なっちゃいました。全部で15本くらいあります。

でもね、乱獲でもなんでもないんです、これって。誰も出入りしない荒地でしかないし、この場所で種が発芽して生長したワサビではありませんから。

本当のワサビ産地はこの川のもっとずっと上流にある筈で、大雨の時に根茎ごと流れ落ちてこの場所で運よくかろうじて定着して生えているだけの個体なんです。ほぼすべての根茎に“過去に折れた痕跡”がありましたし、陽当たりも流水の供給もワサビの好む至適条件とは程遠い状況の場所に生えているものばかりでしたからね。“この日一番そそった個体”だけは例外的にかなり良い環境に生えていましたけど。

そもそも標高が全然“ワサビ標高”じゃないです。

生育環境が本来の適した環境でないからには、味はイマイチだったりするかもしれません。

自宅庭池ほとりのワサビ維持スペースにこんな風にすべて植えました。海岸の大磯砂利に少量の井戸水を掛け流して、砂利層の下の方だけ常時水が流れています。

私なりの自宅でのワサビ維持のベスト条件のつもりですが、さすがに初夏頃になったら枯れるか根茎が腐るかしちゃうかな。寒冷紗で日陰にしてやればなんとかなりますかね。

2024年4月13日(土) お小夜と弁慶

2024年4月13日(土)朝5時35分、能登の“お小夜”に到着しました。

超ベタ凪ぎですね。でも先行者は誰も居ませんでした。

では岩場に入っていきます。

そして、まずは↓ここ。地盤隆起前ならこの座標がこの磯の一番の釣座だったと思われる場所です。

魚のアタリはありませんでしたけど、ベイトは居ました↓。分かりますかね。

この後、ここの右の方の岩場に移動しました。

元の海底なんですけど、この日みたいにベタ凪ぎなら、地震で4m隆起してしまった現在ではこの座標↑が一番の釣座かな~と思います。

どうでもいいけど、この日投げたルアー↓です。

左の2つは↓この投稿で紹介した“元海底で拾ったジグ”を私が簡易にリペアしたものです。

センナ(葉ワサビ) - いも工房

8時まで粘りましたが魚のアタリはまったくなく、このポイントでの釣りは終了にしました。ただ、ベイトの群れが3回も通っていきましたし、正体不明の30~40cmくらいの大きな魚の群れも2回通っていくのを確認できましたから「そろそろシーズンインってことなのかもしれないな~」という風には思えました。※ちなみに8時まで私一人の完全貸切だったです。

8時の時点での撮影↑です。これでもベタ凪ぎですけど、到着の時点よりは少しだけ海面がさざ波立っていますね。

次のポイントへの移動の途中で寄ってみました↓。

土日だけ営業しているんですね。でも「10時から」ですか。次回は10時まで粘ってから釣りを投了することにしましょう。そうすればここでお土産を買うことができます。

 

9時10分、“弁慶”に到着しました。「う~ん」、1人だけですけど、やっぱり先行者が居ますね。

でも1人だけなら許容範囲です。私も入って行って↓この座標でルアーを投げました。

ここの鼻の根っこ部分なんです。ここが良いんですよ、意外と。

でもこの日はアタリがなく30分くらいですぐに終了にしました。“お小夜”と同じようにベイトの群れが1回だけ通っていきましたよ。

 

帰宅して、一旦食事を始めてから、庭池に出てみると・・・、

子亀たちもそろそろモードオンですね。

「おや!」

ワサビの芽がそこら中に生えていることに気が付きました。去年ここで生って地上に落ちた種からの実生です。そうですか、手間なしの放置でこんなにザクザク発芽するんですね、ワサビの種って。

復興の狼煙

2024年4月7日(日)、奥能登某磯場ポイントでの釣行記です。

朝6時前くらいにここに到着しました。

あり得なく急峻な崖なんですけど、なんとか無謀に突破し岩場に到着することができました。この日は超ベタ凪ぎだったので何の不安もなく海面間際に立ってキャスティングすることができましたが、ここでこんなコンディションの日ってそうそうないものと思います。

元旦の地震によるここの地盤の隆起は2mくらいですかね。

で魚が居る感じも釣れそうな感じもまるでなく、6時50分頃にはアッサリ終了にしました。まあ、この場所への入り方が分かったからそれで上出来だと思っています。※ちなみに、このポイントって「メーター級のヒラマサが時々上がるような、奥能登3本の指に入る超一級磯」っていうような位置付けらしいですよ。

さて、これから車へ戻るんですが、メチャメチャ急峻な斜面なので登っていけるか否か不安です(笑)。

↑この画像だとなんてことない斜面に見えますが、傾斜は45度を軽く超えていると思います。行きは「カモシカでも無理なんじゃないかな~、こんなとこ」とか思いつつゾーっとしながらロープだけを頼りに下りて行きましたから。

ロープを括り付けてあるてっぺんの大木の座標は↓この赤丸印の辺りだと思います。

落差は60~70mくらいですね。

ヘトヘトになりながらも何とか駐車スペースまで辿り着くことができ、次のポイントへ移動を開始しました。

「おっ!」

ほほう、崖崩れの功名でここから歩いて廻り込んでいける可能性もありそうですね。次回来訪時には調べてみましょう。

「おや!」

↑こっちはさらに興味深いですね。

元の地形は↓こうです。

赤矢印の部分が現在は岩の桟橋になっているので、そこを歩いて先っぽの大岩まで渡って行ける可能性がありますね。ここも次回来訪時に直接調べてみましょう。

 

で車で辿り着いた次のポイントはここです。

ズバリ「狼煙の本港」です。地盤の隆起は1.5~2.0mくらいですかね。堤防の損壊はほとんど無かったですよ。魚のアタリもベイトの気配もまったく無く、30分くらいで投了しました。

意外だったのは、この漁港に到着していつもの釣人たちの駐車スペースに車を停めて釣りの準備をしていたら、周辺の住民が1人こちらに近寄って来て「あ~やべえ、怒られるかな~」とか思ったんですけど「今日ここの漁港内の一斉清掃をするから悪いけどあっちの方に停めなおしてもらえんかな~」ってな感じで丁寧に諭されただけでした。

富来の漁港に行った時なんかさ、堤防の先端に1人釣人が居て、漁獲の選別場の辺りから漁師が1人あり得ないくらいのデカい声でその釣人にウルトラ罵声を浴びせていましたからね。私は「誰が何の迷惑する訳でもないだろうにさ~」とか思っちゃいました。

 

さて、狼煙の本港のすぐ横には「道の駅狼煙」があります。私はこの日は8時15分くらいで帰路に着きましたので、道の駅狼煙を覗くことはしませんでしたが、どうなんですかね、もう営業しているのかな。

そう思ってyoutubeで調べてみると・・・、

www.youtube.comなるほど、4月4日から営業を再開していたんですね。

だけど、よくよく見ると営業しているのは木曜日と日曜日の9:00から14:00までに限定なのだそうな。

元旦以降、みんな遠慮して奥能登に行かないようにしているような気がしなくもないですが、他所から人が来ないようになったりしたらもう終わりなんですよ。そういう気持ちもあって私はあまり遠慮せずに奥能登に釣りに行くのですが、釣人なんて普通の観光客とは違ってちっともその地域にお金を落としていかないですよね。だから「今の珠洲でお金落とすなんて言ってもどこで落としゃいいんだ?」なんて思っていたのですが、日曜日に行って正午までに切り上げればこの道の駅でお金を落とすことはできますね。

それでふと気が付きました。車を停め直すように指示してくれたあの人の言い方って、もしかすると「釣人でもいいから他所の街からこの街に頻繁に来て欲しい」っていう気持ちが入っていたからああいう言い方だったのかなあって。

次回も日曜日にこの地域に釣りに出掛けて、帰宅時にはこの道の駅で蕎麦や豆腐等を買って来ようと思っています。※豆腐の販売はまだ再開していないそうですが。

狼煙の本港の外側ってメチャメチャ深いからかなり良い釣りポイントなんです。テトラはちょっと大きめで安全性は高い方ではないですけどね。ついでに言うと確か“立入禁止”の表示はあったと思います。でも実際の運用上はその限りに非ずのようで、いつも釣人が複数居らっしゃいますが、地元の方々に注意されるような雰囲気は特にないし、釣人達自身も釣り禁止とはまるで考えていないような感じです。まあ私は責任は持てませんので、この辺りの判断は自己責任になりますが。

なお、この地域で他所者が仮設トイレを借りることはNGだろうと思います。機能する下水に繋がった仮設でない通常施設トイレをどの地域なら借りることができるのか?この点は予め調べておく必要があるように思います。

 

どうでもいいけど、帰路の途中でいつもの↓このお気に入りスーパーに寄りました。

到着時刻は10時10分、このくらいのタイミングがここの名物の298円のお肉がたっぷり入った焼きそばに出逢えるスイートスポットタイミングなんです。

開店時刻の9:00直後に店に入ってもまだ置いていないし、14:00くらいだったらもう売り切れになっていることが多いですね。

この日は私の構想通りに10個近く置かれていて「う~んバッチリ、やっぱりこの時間帯やな」とか思っちゃいました。ホント、どうでもいい話です(笑)。

2024年春 イシガメスカウト活動

2024年4月6日(土)、前投稿の潮干狩りから8時には自宅に帰着し、すぐにイシガメ探索に出掛けました。

行ったのはこんな環境の川。鮎蟹川です。

「おっ!」

↑この岸辺に1匹隠れていました。

中々の個体だとは思うんですけどね・・・、

黒目が漆黒ではなくて、

 

オスは結構首の筋が目立つ個体が多いんですが、コイツはちょっと目立ち過ぎかな。

リリースしました。

お、ワサビがあります。

掘り出してみたら、根茎が小さかったので埋めて戻しておきました。

 

さらに上流に向けて延々と歩いていくと・・・、

これは捕獲完了後のヤラセ撮影ですが、この場所で手足を完全にビローンして超リラックス状態で昼寝していました。オスの超高齢らしきイシガメです。

コイツって、↓この投稿の5月23日の1匹目の老齢オスイシガメと同一の個体なんです。

メノウ化珪化木 - いも工房

この日のイシガメ探索は実はコイツを誘拐することを目標としていました。見事に同じポイントに居て、しかもやたらと元気にしているようで感激しちゃいました。モチロン誘拐確定です。今後の我家庭池のエースとしての活躍を期待してお迎えします。命名は“佐助”に決定。

この個体の2020年5月の時の撮影です。

黒目が漆黒、首の筋がほとんど目立たないって感じしません?

 

さらに進んで行くと、もう1匹居ました。

メスイシガメの成体。初めて出会う個体です。この座標近辺でイシガメの銭亀を時々発見するので「この辺りに産卵できるデッカいメスが居る」と以前から思っていたのですけど、逢うのに5年以上掛かっちゃいました。今の時期くらいにしか川の周囲には留まらないってことなんだろうな~と思っています。

だけど、おもいっきりの「後ろ足の付け根から汁吹き」でモロキュウ確定で、居た座標に戻しておきました。

 

さらに延々と歩を進めていると、またもワサビが。

周囲をよくよく観察したら、この他にこの周辺に10株以上はありました。でもね、この座標がワサビの生育地そのものな訳じゃなくて、上流の生育地から流れ落ちてきたものが河原のこの座標で二次的に活着しただけなんだと思います。利賀のワサビとは特徴がはっきり異なるように思えました。この川の上流の生育地でワサビ探しをするのも面白いかもしれないですね。根茎は小さかったですけど、記念に2本だけ採取して持ち帰り、庭池のほとりに定植しました。

2024年4月6日(土) 内灘マリーナ横 コタマガイ潮干狩り

2024年4月6日(土)朝4時30分、内灘マリーナに向けて出発です。

現地に到着したのは5時30くらいでまだちょっと薄暗かったのですが、なんと先行者が2名も居ました。この日の私と同じで「他の人に先を越されないように」と思って暗いうちから始めたんでしょうね。

で残っている貝は少なかったようで6時40分頃には潮干狩り終了とし、成果はコタマガイがこれだけでした。※ワカメはまだまったく育っておらず採集できませんでした。ここのワカメは周囲の沿岸に比べて繁茂時期がかなり遅くなるんです。

まあこれでも上出来じゃないですかね。食事2回分くらいはあります。

自宅に帰着したのは7時50分くらいでした。

一旦こうします。

このまま直ぐにイシガメ探しに出掛けて、帰宅した時点では↓こうなっていました。

良い感じで砂吐きしています。もう春の気温だから動きがいいんです。真冬にこれをやっても海水が気温通りの5℃くらいになるから、こんなに元気には砂吐きしてくれません。

唐揚げを作ってみましたけど・・・、

う~ん、油のベトつき感を感じてしまってあまり美味しくないなあ~。

 

こうやってカレーをまぶして食べてみたら・・・、

バッチリでした。旬なせいか身も柔らかいし抜群に美味しいです。カレーが合うっていう訳じゃなくて、そのまま食べるだけでも抜群に美味しかったです。唐揚げにするなんてNGだってことですね。

かほく辺りだとアホみたいに採れそうな気がするんですけどね。去年の秋に釣りをしていたら波打際にコタマガイの稚貝がアホみたいにウジャウジャ居ましたから。

放流事業だとか漁業権だとか言うけどさ~、コタマガイの漁獲なんて実際にはやっちゃいないでしょ。北陸地域の店で地元産のコタマガイを売っているのなんて見たことがないです。九十九里産のコタマガイを北陸のスーパーで売っているのはたまに見かけますけどね。

ということは個人が潮干狩りで少々採ったところで別に文句は言われないのかな。どうなんでしょうね。

コタマガイの稚貝放流事業みたいなことは確かにこの地域近辺で行われていたこともあるみたいなんだけど、北陸ではコタマガイなんて商品価値はない筈なんですよね。なぜチョウセンハマグリの放流にしないんだろう、不思議です。

それと、そもそも貝なんてちっとも採れやしない千里浜が少々以前から潮干狩り禁止にルール変更されました。採ろうとしても採れやしないのに、なんでそんなことするんだろう、これも不思議なことです。

 

ちなみに、石川県の共同漁業権は2023年9月1日を以て更新されています。“海しる”を始めとして現在ネット上に公開されている石川県の共同漁業権の情報は「既に期限の切れている“2023年8月31日までの期限のもの”」が圧倒的に多いです。

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suisanka/gyogyouken/documents/gyojyokeikaku.pdf

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suisanka/gyogyouken/documents/menkyo_gyojyozu.pdf

↑この2つのリンクは2023年9月1日~施行の正しい情報です。

要注意な点は以下の通りです。

・20号21号がワカメ採取禁止に変わってしまったこと。

能登島の31号32号33号が合併されたこと。

・旧の方の32号33号がワカメ採取禁止に変わってしまったこと

・旧の32号33号は第1種共同漁業権の設定無しだったが、有りに変わってしまったこと。

小木港は21号だから、小木港でのワカメ採取は法律上の厳密な観点では禁止となってしまいました。だから私は今期は行かなかったのですよ。現在石川県でワカメの共同漁業権が設定されていないのは4号と27号と28号と「内灘マリーナの漁業権外しエリア」だけということになります。

3月29日(金)の夕食です。

ワサビのおひたしの出来はイマイチでした。あんまり辛くなかったです。何がいけないのかなあ~?。ていうか、こんなもんなんですかね?、葉ワサビの辛さって。

明けて3月30日(土)は富山県東部海岸に釣りに出掛けました。入善海岸、魚津漁港等でルアーを投げましたが、まったくのアタリなし。ホタルイカに釣られて魚が岸近くに寄って来ているのではないかと思ったのですけど、予想は外れました。

さっさと帰宅して、自宅の裏庭でこんな作業を。

何?って、自然薯掘りです。何年か前に3~4本植えておいてあるのですが、どういう訳か芋の頭を見つけることができませんでした。

見つかった自然薯はなんとこんな小さいヤツが1個だけ。こいつは植えた自然薯が落としたムカゴから育ったものでしょうから、何年か前に植えた自然薯は1本も見つからなかったっていうことになります。

芋と蔓が切断してしまっているので、場所のヒントが無く芋を見つけられなかっただけとも考えられますが、芋がそもそも枯れて腐って無くなってしまっていたとも考えられます。まあしょうがない、今年はゴールデンウィークあたりから自然薯の蔓が生えてくるかどうかモニタリングしようと思います。もし太い蔓が出てきたら、その場所に割り箸か何かでマーキングして、真冬になったら自然薯を掘り出すこととしましょう。だけど蔓が出てくるかな?

そのままいつもの通り昼ビールに突入し、その会場である新参謀本部で撮影です。

庭池のイシガメ達が春を迎えています。

 

続く3月31日(日)は能登外浦に向けて出発しました。

5時53分に“弁慶”に到着しましたが・・・、

駐車スペースには車が3台、釣人は2組の計4名居たようです。これでさらに私が入っていったらマナー違反みたいなものですから、この日の弁慶は諦めました。

 

代わりにこんなサーフに入ってみました。

なんのアタリもありませんでしたけど、地震で海岸線が遠くなったせいで以前よりも水深があるサーフに変わっているようでした。元々は遠浅過ぎて釣れる感じがまるでしないサーフだったのですが、今後は釣果期待値がそれなりにあるかもしれないですね。

帰路の塩津農村公園の辺り↓で撮影。ここの桜っていつもやたら早く咲き始めるんですよ。本当に普通のソメイヨシノなのかなあ~。もしかして別の早咲品種なんですかね。

灘浦の先っぽ↓なんかにも寄ってみました。なるほど、ここも地震でがけ崩れが発生したんですね。

自宅に到着したら、まだ11時前でした。この瞬間2024年3月度の私の釣り釣果が完全ボウズと確定しました。※ちなみに魚のヒットは1回だけありました。

牛肉の焼肉にも意外と合います、ワサビって。

 

ホタルイカ掲示板の情報によると、4月2日(火)未明、4月3日(水)未明が海岸ホタルイカ掬いのフィーバー状態だったようで、特に4月2日(火)未明はここ数年で一番の強烈な爆沸きだったそうです。平日だとそんなに人は多くないから楽しく掬えたでしょうね。私も深夜に掲示板をモニタリングしていたので、未明2時頃から出掛けていけば大漁にありつけたのかもしれないのですけど「でも、しんどいよなあ~」とか思ってヤメておきました。

4月2日3日って月齢は23日くらいで新月(月齢30.0日近辺or月齢0.0日近辺)からは結構ズレています。月齢も大事だけど、天候の方がもっと重要な要素なのかな、ホタルイカの接岸誘発要因って。

富山湾 ホタルイカ 捕らんまいけ〜ぇ くコ:彡

富山県 の潮干狩りや釣りに最適な潮汐・潮見表カレンダー 潮MieYell(しおみエール)潮干狩り 磯遊び 釣り フィッシング ボート 水上オートバイ サーフィン ダイビング などマリンレジャーを応援する潮汐・潮見表カレンダーサイトです。

月齢で言うと、この後4月6日(土)から4月14日(日)まですべて熱いですね。少なくとも今度の土日(4月6日7日)は天候も良さそうです。

でも私は、今度の土日は内灘コタマガイの潮干狩りをしようと思います。オマケでワカメを採って、帰りにイシガメ探しをしようかな。

コタマガイってアサリやハマグリに比べたらそうそう美味しい貝でもないのですけど、春は身が詰まっていて他の季節に採る場合よりも美味しいですし、今は“唐揚げ”という料理手法を手中にしていますから「あ~そうか、今なら唐揚げが作れるからコタマガイでも悪くはないな」っていう風なことを考えたんです。

でも、ちゃんと採れるかな? 沢山居たり、全然居なかったりするものなんですよね~。

花ワサビと葉ワサビのおひたし

2024年3月27日(水)、定時で音速で退社して帰宅しすぐに撮影しました。撮影時刻は17時45分です。

では早速収穫します。

ハサミで丁寧に1本ずつ切り取って、約20分で花ワサビと葉ワサビをこれだけ収穫しました。

これをすべて3センチ長程度に刻んで、

 ↓

塩を掛けて10分程度手で揉み→これで体積がかなり減ります

 ↓

実測約85℃の湯中に一気にすべて放り込み、10秒だけ箸で撹拌して

 ↓

ザルで濾してから、水中で粗熱を取り、ザルでまた濾したらこうなりました。

すべて↓瓶に入れて、ちょっとだけ振ります。

そして冷蔵庫に入れました。

実は花ワサビ葉ワサビの漬物を作るのって、これで3回目なんですよ。

1回目2回目は塩を使いませんでしたし、茹で時間は30~60秒くらいだったように記憶しています。そして大して辛くなかったんですよね。

今回はどうなるかなあ~。明後日の金曜日の晩酌で判明することになります。肝心のワサビの本体の方は何に使いましょうかね。普通にフクラギ刺身くらいにしておこうかな、スーパーの夕方セールで半額にでもなってくれているといいんだけど、どうですかね。