いも工房

わたしの趣味をここに綴ります(※当ブログは転載完全フリーです)

2022年9月23日(金) 釣行記

9月23日(金、祝)の釣行記です。

 

まずはここ、穴水の神社湾に朝4時50分頃に到着しました。狙いの魚種はスズキです。

5時15分頃からルアーを投げ始めました(使用ルアーはフラッグシャッド4インチ油断カタクチです)が、まったくアタリなし。スズキのライズも1回も確認できませんでした。そうこうするうちにエギンガーの人が次々に3組くらい入ってきたので、なんとなくイヤになって早々に移動しました。

 

根木ポケットパークを経由して7時頃にはここに到着しました。穴水湾です。

画面中央下にたくさん写っている白い細かいものは小さい魚(ヒイラギ、ゼンメ)で、他の種類のベイトフィッシュもふんだんに居ましたが、それにフィッシュイーターがついている感じは特にありませんでした。なんとか40cm弱くらいのエソをヒットさせるも、取り込み寸前でフックアウトしちゃいました。

ベイトフィッシュが沢山居ることとエソが釣れたこととで、魚が釣れそうな要素はそれなりにあると考え結構粘りましたが、その後はアタリなしでしたので、帰宅することにしました。自生ワサビを沢山保有していますので、それを自分で釣った魚の刺身に使いたかったのですが、大型魚の秋の接岸はまだ始まっていないのかな~と思えてこの時点でほぼ諦めてしまいました。※ちなみに、根木でも穴水湾でもシーバスのライズやボイルは1回も確認できなかったです。

 

ですが帰路で、“知る人ぞ知る秘かなシーバスポイント”の熊木川に寄ってみました。

残念ながら魚のバイトはありませんでしたけれど、こんなヤツがいました。※時刻は8時40分頃です。

私の頭の中の常識を完全に打ち破る“あり得ない大きさ”の爆裂デカいモクズガニです。あまりにデカくてびっくりして、見つけた瞬間目が点になってしまうくらいでした。

こんなんですよ。容器の内側のサイズが33.5cmです。大きさが伝わりますかね~。

 

この日は諦めが悪く、さらに七尾南湾のこれも“知る人ぞ知る秘かなシーバスポイント”である某ポイントにも入ってみました。

コンッ・・・、「おっ、来たよ」 ※時刻は10時5分頃です。

意外にも来ました。マゴチ、全長36cmです。小さいですけど、これでも十分刺身は取れます。キープしました。

この後、奥の方までランガンしていきアタリは特になく、この辺りまで戻ってきたところでまた来ました。今度はかなりデカいです。ドラグをズルズルと出される引きでした。

マゴチ、全長51.3cm、重量940gありました。自生ワサビをこの上なく有効活用できることが確定したので、もうメチャメチャ嬉しかったです。※釣れた時刻は10時40分頃です。産卵済みの個体ですが、この辺りはベイトフィッシュが豊富なのか真夏の照りゴチ並に肥えていました。

 

続いて10時49分にはこんなものが。エソの幼魚です。

 

さらに10時55分、またデカいヤツが来ました。

マゴチ、全長49.2cmです。

 

このポイントの光景です↓。ワザとランドマークを入れて撮影してみましたので、興味のある方はお探しになってみてください。元々このポイントを知っている人でないと探し出すのはちょっと無理かな~という気もしますが。

 

これで、天然ワサビをおもいっきり有効活用できますね。

結局のところ、大型フィッシュイーターの秋の接岸は既に始まっていると考えていいんですかね。う~んどうなんだろう?

 

9月23日(金、祝)夕方、マゴチ36cm+自生ワサビです。

↓9月24日(土)昼過ぎ、マゴチ51.3cm+自生ワサビです。

辛さの質としてはとっても良いと思うのですが、パンチ不足で辛さの絶対量が足りない感じです。天然ワサビの辛さを最大限に発現させるようなノウハウが何かあって、その点の一工夫が足りていないとか、使い方に何か落ち度があるのかも知れません。

天然ワサビは季節的には冬に一番辛くなるそうですから、コップで水に挿して冷蔵庫で何日間か寝かせると辛さ成分がモードオンするとか増大するとか、そういうことがあるのかもしれません。

実は天然ワサビのうち最初の2本はそうやって「コップで水に挿して冷蔵庫で何日間か寝かせて」から食べたんですよ。で、かなり辛かったんです、鼻も胃も悲鳴を上げる感じがあったくらいですから。それ以降は、あまり何も考えずに冷蔵庫は使わずに、庭から持ってきてそのままおろして食べました。そうしたら辛さのレベルは結果的には落ちました。でも、冷蔵庫保管の影響云々なんてことは考えもしませんでした。

この点は今後の検証課題としたいと思います。ということは、次回は冷蔵庫保管を経てからおろして刺身に使ってみることになりますね。

北陸の自生ワサビ再調査

9月17日(土)はこれまでに自生ワサビを見つけた場所3箇所の再調査に行ってみました。

 

まずは石川県のこの場所に。北陸の自生ワサビ - いも工房

初回探索時は標高約175mの場所で見つけていますので、まずその下流側を調査してみました。が、見つかったのはこの1個体だけ。標高としては170mくらいでした。

なので、今度は上流側を調査してみると・・・、

こんな感じでポンポン見つかりました。探しているだけでも結構楽しいものですね。標高約190mの地点で引き返しましたが、もっと上流側にもまだまだあるのかもしれませんね。

ちなみにワサビの葉って、パッと見ではこんな風にフキの葉とかなり似ているので、その判別が出来るようになるまでは要注意です。「ワサビだと思ってフキを大量に持って帰って、家に帰ってからフキと分かってガックリ」っていうパターンが大いにあり得ます。※葉の表面に産毛のようなものが生えているような感じがしたらフキです。ワサビには産毛はなくて葉の表面はほぼツルツルです。

 

次はここに入りました。北陸の自生わさび どんなところにある? - いも工房

結構頑張ってみたんですけど、1つしか見つかりませんでした。初回探索時に根茎のブットいのを見つけた地点をさらにもう少し降りていった場所で、標高としては110mくらいだったろうと思います。ここはウチの庭の地下水と同じ水系なので、できればこの水系産にこだわりたいのですが、もう今後は再訪することはないかなあ~と思ってしまいました。

 

で最後はここです。富山県の自生ワサビ - いも工房

初回探索時より少し下流側に入って川沿いを調査してみましたが、見つかりません。

「なんだあ意外だなあ~」くらいに思いつつ、入ってきた急斜面を引き返し始めると・・・、

びっくり仰天、こんな風に自生ワサビがアホみたいに大量に群生していました。

初回探索時は川の流れのすぐ傍らの標高約175mの場所で見つけて、今回はそこより少し下流側に入ったのですけど、川沿いの深い谷の急斜面なので標高は逆に少し高めで180mくらいです。

岩場ではないので大して危険な場所ではないのですが、草木がボウボウに生い茂っていてこういう遊び(藪こきや登坂)に慣れていない人だとちょっと無理かも?というような感じの場所です。谷が深く日当たりの良くない場所ではありますが、北側(≒南向き)の斜面なので昼間の一定の時間帯だけちょうど程よく日当たりがよい状態になる、みたいな感じなんですかね。※ちなみに上の写真の撮影時刻は午前11時頃です。

で、この斜面にはその表面に全体的に湧水か沢水のような流水が僅かに流れていました。

分かりにくい写真ですが、こんな感じになっていたんです。

照度の適性度については分かりませんが、砂利の表面に常に流水が流れているというのはワサビにとって絶好の生育環境のようで、根茎がぶっとく育っている個体ばかりでした。それにワサビの葉が茂っている1株分あたりで、どれも10本くらい根茎がついていました。

 

なのでね、この狭いほんの一佇まいのワサビ全体に対して1/10未満くらいだけ採らせていただきました。私が確認したのはこの一角だけですが、周囲に似たような状況の場所はおそらくかなりの多数あるのだろうと思います。

 

 

今度の3連休には自分で釣ってきた魚の刺身に使ってみたいですね。

雷鳥わさび

9月16日(金)は会社を休んで、ここに釣りに行ってみました。

雷鳥サーフです。

が、まったくのアタリなし。

何箇所かポイントをハシゴするも結果は同じで、早々に切り上げてイシガメ産地に移動しました。目的はイシガメではなくてワサビですけど。

 

「あ、居た。」

イシガメはこの日の目的ではないのですが、折角なのでウェダーを履いて川をダッシュし、捕まえてみました。

う~ん、やっぱり以前に逢ったことのある個体でした、リリースです。

 

そしてこの川の上流に移動しました。標高としては150mくらいです。

かろうじてこんな小さなワサビが見つかりましたが、あまりにも小さいので採りませんでした。

「お、コイツはまあまあですね。」

なんとか、雷鳥的な地域でも自生ワサビをゲットすることができました。

 

この時点で時刻は10時30分くらいなので、帰宅するにはまだちょっと早いです。この少し下流側にも入ってみることにしました。標高は約140mです。

かろうじて1個見つけました。見つけた時点でこの状態でした。上流から流されてきたのか、この場所で土が洗い流されてしまったのか、どちらでしょうね。採らずにスルーです。

 

「お、まあまあのヤツがあります。」

採ろうと思って下の草を除けようとすると、こんな状態になっていました。

元々ここで発芽して育った訳ではなくて、上流から流されてきてここで引っ掛かって定着したということのように思えます。やっぱり流水が根に直接供給される環境だと根茎が大きくなるんですね。※川岸の土に普通に定着して育つと根茎はほんの少ししか育たないんです。ワサビの紹介サイトにもそういう内容のことが書かれていることが多いです。

 

ちなみに、このワサビを見つけたのはこんな場所でした。

こんなイレギュラーでしか見つからないというのはちょっと変です。

この川は結構アクセスが容易なので、春先の山菜取りの季節にワサビはほとんど採りつくされてしまうからほんの少ししか残っていなくて、イレギュラーパターンでしか見つからないっていうことかな~と思ってしまいました。

北陸の自生わさび どんなところにある?

9月11日(日)の富山県内での自生ワサビ探しの記録です。

 

ウチの庭に掛け流ししている地下水って、富山県一級河川(小矢部川庄川神通川常願寺川黒部川)のうちの何れかの伏流水なんです。

なので、どうせならその水系の産の天然ワサビを庭に植えたいと思って、9月11日(日)もまた釣りはお休みにしてワサビ探しに行ってきました。

 

これはあくまでも例としての地形図ですが、その一級河川の本流水面の標高が100mくらいのこんな感じの場所にとりあえず入ってみました。

本流に降りるつもりで斜面をゆっくりと下っていくと・・・、

 

「あれっ!、あったわ。」

森林の木に完全に覆われて薄暗い状況のちょっとしたせせらぎでアッサリわさびが見つかりました。標高は120mくらいです。

あっ、ここにもありますね。

どういう訳か↑この個体は根茎部分がこんなに↓大きかったんですよ。

自宅に帰着してからの撮影ですが、この場所では↓これだけ貰ってきました。

 

このポイントの反対側に車で移動して、沢伝いを適当に歩いていたら、そこでもまた自生ワサビが何本か見つかりました。見つけた時点では「標高150mくらいかな~?」と思っていましたけど、帰宅してから調べたら標高約200mの場所でした。本流の水面の標高は一箇所目と同じくで約100mなんですけどね。

 

というわけで、ここまでの自生ワサビ探し3回で3回ともキッチリ自生ワサビに巡り逢うことができましたので

「北陸での自生ワサビ探しはかなり簡単である」

「北陸では(≒少なくとも富山県では)天然ワサビはそんなに珍しい植物ではない」

と結論づけられたものと考えます。多分、あちらこちらで簡単に見つかりますよ。

 

ポイント探しのミソはやっぱり標高ですかね。まだ175m,175m,120m,200mの4箇所しかヒットデータがないので何とも言い切れませんが、標高150m前後くらいがワサビ発見期待値が一番高そうな気がしています。

 

 

ちなみにワサビの庭への定植の結果ですが、

↑こんな感じで今のところはマアマア順調です。

 

状況のいい場所に植えた個体(①②③)は1週間で葉っぱが少し育って大きくなりました。放水箇所から遠い個体は“枯れていないだけ”でほとんど変化なしで育っていないような気もしますけどね。

 

 

「あれっ!」

今度の3連休(9/17~19)は釣りに行くつもりにしていたのですが、もしかしてちょっと無理っぽいですかね。

 

いや、土日(9/17,18)なら大丈夫そうです。

どこの海岸に攻め入ろうかなあ~。

富山県の自生ワサビ

2022年9月10日(土)のワサビ探しです。※釣りはお休みにしました。

 

こんな風に地図を用意して印刷して車に積み込み、朝6時に出発しました。

ここではワサビは見つかりませんでした。

 

次はここです。

が、標高約250mと書いたところは立入り禁止でした。標高約300mと書いたところは道路が悪くて入って行けず、庄川への合流地点の周辺だけ散策してみましたが、ここでもワサビは見つかりませんでした。

 

ちょっと寄り道して・・・、

 

次はここです。

スギやヒノキの植林がされていなくてキッチリ自然の残ったメチャメチャ風光明媚な場所なのですが、ここでもワサビは見つかりませんでした。これはもう赤信号ですね。

標高が高すぎるのかもしれません。地図はあと4枚ほど用意してあったのですが、いずれも標高が300~400mくらいの場所です。それらの場所に行くのは中止しました。

 

前の週にワサビを見つけた場所は石川県で、その場所の標高は約175mでした。なので富山県内で標高約175mのところに一箇所だけ入ってみることにしました。

 

ここがその入ってみた場所です、標高約175mです。

散策開始5秒で、スパッとワサビが見つかりました。この日はもう半分諦めかけの状態でしたので、感激しちゃいました。

ワサビって葉っぱの見映えに妙に愛らしさが感じられますね。

 

周囲を少し探し回ると、そこら中にありました。

この個体を拡大してみると・・・、

ワサビの食用部分が剥き出しになっています。川に流されてしまう寸前の状態ですね。

 

広範囲の探索はせずに入った箇所の周辺だけにして、これだけ貰ってきました。

多分上流側にも下流側にもまだ沢山生えているものと思います。

 

2本だけ、採った土曜日中に食べてみました。

辛さにパンチ力がなくて辛さ不足ではありますが、薬っぽさがなくていい感じです。

北陸の自生ワサビ

2022年9月4日(日)9時過ぎ、内灘の海岸から石川県と富山県の県境へ向けて移動し、某河川沿いの道路を通って富山県に抜けました。

その間、道路からスッと長靴でアッサリ入りこめる沢を10箇所ほど探索し、結構じっくりとワサビ探しをしてみましたが、なかったです。

「やっぱり無理なのかな~。自力で天然の自生ワサビを見つけるなんて。」そう思わざるを得ませんでした。

で、この時点で半分諦めてしまい、今後見つかるわけもない自生ワサビ探しを延々と続けるくらいなら、ネットか道の駅とかJA直売とかでサクッと買ってしまうのが得策かもしれへん、っていう考え全開の状態になってしまいました。

その発想に基づきとりあえず“道の駅○○”に寄ってみました。近場採りワサビは売っていませんでしたが、こんなものが・・・、

ウチの庭池のほとりに生えている「ワサビかな~?」の怪しい植物と葉っぱがソックリです。スミレでほぼ確定ですね、ウチの庭のあの植物。ということは8月27日(土)に奥能登の道端で採ってきたあの植物も「ワサビではない」でほぼ確定です(笑)。

この時点で時間は11時15分、さてどうしましょう。さっさと帰宅してネットでワサビの種苗探しでもしようか。そういう気分でしたけれど、ついついなんとなく惰性でもう一箇所だけ入ってみようという気になり、私のいつもの行動範囲な河川で程々に標高が高めな場所を目指しました。

で適当に「そうね、ここにでもするか。ここは結構楽に本流に下りていけるからな。」とか言いながら、今度は長靴じゃなくてウェダーを履いて川に入り、左右の陸地を観察しながら渓流状態の川の中をジャブジャブと歩き始めました。

 

ほんの10m程歩くと・・・、

「ん?」 「あ、いやこれ。マジでワサビやわ。」

こんな写真じゃ全然伝わらないと思いますが、ネット図鑑に載っていたワサビの葉そのものと思える植物を見つけました。

 

「あ、これも。」

陸地が増水時に削り落とされて土と一緒に流れてきた、って感じですがこれもワサビです。元々の大きい葉は増水で痛めつけられて枯れ落ちてしまって、根から新しい芽と葉が出ているのだと思います。

掘り起こして土を洗い流してみました。

根っこの部分がワサビみたいになっています。この植物が本物ワサビであると考えてまず間違いないものと思います。

ちなみにこの場所のロケーションはこんな感じです。

小さな“沢”なんぞではなくて、地図に名前の載っているしっかとした川の本流です。画像に写っている通り人工建造物のコンクリート製の止水堰もあります。

 

自宅に帰着してからの撮影です。

こんな爆裂個体も見つけたんですよ。元々あった立派な葉はほとんど枯れてしまって茎ばっかりになってしまっていますけどね(でもちゃんとしっかり生きています)。寿命で枯れ始めているというより、あの川って集中豪雨によるモロ増水が起こりやすくて、その繰り返しで痛んでしまってこうなるんだろうな~、という風に想像しています。

根茎のワサビ部分が枝分かれで増えまくっていて10本くらいはありました。

丁寧にほぐしてバラしたら、↓こんな感じになりました。

 

葉っぱをネット図鑑と比較してみましょう。

ワサビ確定ですよね。

 

爆裂個体をバラして得たうちの一番大きな2本です。この2本だけ食べて、残りは庭に植えて、掛け流しで育てることにしました。

※少しだけ摺りおろして試食しましたが、ちゃんとワサビの味がしました。ただ「今までに本物ワサビを食べた経験なんてない筈」のような気もしますけどね(笑)。

 

整備に入る前のワサビ農園候補地です。

 

整備を完了し、ワサビを定植し、井戸水を掛け流しにしました↓。

上手く育ってくれるか否かは未知数ですが、まあ失敗に終わってもいいです。いいですっていうか、仕方ないですよね、失敗したなら≒ウチの庭ではそもそもワサビ栽培なんて無理、っていうことなのでしょうから。

 

意外にあっさり天然自生ワサビを見つけることができましたから「富山県でも石川県でも自生ワサビは結構普通にポンポン見つかる」という推測が成り立ちます。

 

庭での栽培が上手くいかなかった場合は「食べたくなったら採りに行けばいい」ってだけのことですよね。今日(9月4日(日))の自生ワサビ発見で、どんなところに生えているのか大体イメージは摑めましたから、富山県でも石川県でも同じような環境の場所を探せば普通に見つかるんじゃないかな。

それに今日ワサビを見つけた川も入ったエリア20m分くらいしか探していないんです。今日のポイントの上流と下流を何百mか探したら、きっとまだ幾らでも生えていますよ、天然ワサビが。

2022年9月3~4日 釣行記

9月3~4日の釣行記です。

 

まずは9月3日(土)。夜明け前の3時30分から能登小木港にて開始しました。

 

4時5分、狙い通りにヒラメが釣れました。測っていませんが30cm弱程度だと思います。

ワームはフラッググラブのオレキンザブトンです。夜間のヒラメにこのカラーが効くって証明できました。それと「ヒラメの秋の接岸が始まりだしたかな~?」との推測も成り立ちました。

 

5時5分、今度はキジハタです。キープサイズには届いていないのでリリースしました。

ちなみにこの釣果2匹とも、普通に岸壁からのキャストです。防波堤に入っていって投げた訳ではありません。※小木港の防波堤は左側も右側も微妙に立入禁止です。“微妙に”だから入っていく人は多いですけどね。

 

7時時点での撮影です。しっかり活かしておきました。

この程度の大きさでもキッチリ刺身は取れるんですが「ま、いいか」とか思って、結局リリースしちゃいました。

その後は宇出津、矢波、鵜川等をハシゴしてアタリなし。家に着いたら14時を廻っていました。

 

で、翌日の9月4日(日)は、

www.youtube.com↑この投稿に釣られて七尾西湾の某河川に行ってみることにしました。

 

動画中で大物釣果のあったこの場所に到着、朝5時15分です。ですが、アタリなし。

 

河口の方に移動しました。

↑この辺りでスズキのヒット(→即バラし)とバイトが1回ずつありました。※ヒットした魚は水面で暴れるところが見えました、チーバスです。

他に「多分今のバイトだよな?」っていう感じの反応が2回ありました。※なお、使用ルアーはフラッグシャッドの油断カタクチです。

水はお世辞にも綺麗ではないですけど、釣果期待値としては中々のポイントだと思います。安定して釣果期待値の高い場所があれば、スズキ釣りは七尾北湾の方が絶対いいとは思います(安心して食べられるので)けどね。七尾西湾の場合、川が綺麗でないのはもちろんのこと七尾西湾自体も水が綺麗でない場所が多いですから。

この場所での釣りは7時頃で終了にして、内灘のサーフに移動しました。が、魚がそもそも全然居ない雰囲気で、1時間チョイくらいでギブアップしました。ターゲットフィッシュが居ないのはもちろんのこと、ベイトフィッシュもまったく居ないような感じがしました。

 

で、9時半くらいだったですかね。この日の釣りはスパーンと終了にし、石川富山の県境近辺に向けて移動を開始しました。

そう、予告通りのわさびプロジェクトです。